SSブログ

本格水冷PC 第2弾 [水冷PC]

PCケースを「Corsair Obsidian Series 500D RGB SE」に新調して、
本格水冷PCを組んでみました。

IMG_4565.jpg

冷却のキモとなるラジエターは、360mmのものをチョイスしました。

IMG_4316.jpg

ケース前面に設置するので、水流を下から上のみの流れにしてポンプの
揚程力の低下を抑えるため、対角に流れるタイプを選択しました。

IMG_4317.jpg

「Corsair Obsidian Series 500D RGB SE」は、ラジエター及びファンの
装着は本来ケース内部にのみの設計なのですが、全面ガラスの手前にも
取り付ける事もスペース的に可能でした。

そこで、ラジエターの前後(プッシュプル)で、計6個のファンを設置しま
した。500Dには、標準で 「LL120 RGB」が3個付いており、こちらを
前面ガラス側にしました。

IMG_4340.jpg

ポンプをどこに固定するかが苦労しました。
付属のステーでは、どこもネジ穴が合いません。

そこで、Bitspower製の「TANK CLAMP SET」と「120 Water Tank Mount Panel 」
を組み合わせて、ラジエターのファンに固定しました。

IMG_4565.jpg

CPUの水枕には、「EK-Supremacy EVO RGB - Nickel」を選択。
こちらは、名前の通りAURA SYNC等のLEDコントロールに対応
したモデルとなります。

IMG_4321.jpg

ポンプからCPUまでは、このように配管。
途中で曲げを入れることで、マザーボードとの間隔を取りつつ、CPUへのL字
継手との距離を合わせることもできます。

IMG_4409.jpg

縦挿しするグラボとマザーボード間のケーブリングには、ライザーケーブルを
使用します。
残念ながらD500専用に設計されたライザーケーブルは無いので、Thermaltake製
の300mmケーブルを使用。

IMG_4537.jpg

CPUからマザーボード、マザーボードから120mmラジエター、ラジエターからSSD
へと配管しました。

IMG_4540.jpg

グラフィックボードからは、ケース底部を経由して360mmラジエターへ。

IMG_4406.jpg

そして、ラジエター上部からポンプへと戻ります。

IMG_4405.jpg

全体の外観は、このようになりました。

IMG_4552.jpg

こちらの構成での温度推移の一例です。
ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク
を3時間程ループさせてみました。

001.jpg

CPUは温度の変動幅は大きいですが、50度から70度の間を保っています。
GPUは45度前後の間で推移しており、安定しております。

002.jpg

こちらは水温だけを抜きだしたグラフです。
「Water In」が360mmラジエターに入る箇所、「Water Out」がラジエターを
出る箇所のフィッティングに取り付けた温度センサーの値です。

水温は、最高でも45度までの範囲に抑えてられております。
また、ラジエターにより3度弱の冷却ができております。


ek-supremacy Evo RGB – ニッケル/ Plexi

ek-supremacy Evo RGB – ニッケル/ Plexi

  • 出版社/メーカー: EKWB
  • メディア: エレクトロニクス








Bitspower 120水タンクマウントパネル(RAD側)

Bitspower 120水タンクマウントパネル(RAD側)

  • 出版社/メーカー: Bits Power
  • メディア: Personal Computers




BITSPOWER ビッツパワー タンククランプ セット ブラック BP-TBC4-BK

BITSPOWER ビッツパワー タンククランプ セット ブラック BP-TBC4-BK

  • 出版社/メーカー: Bitspower
  • メディア: Tools & Hardware



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Intel Optane SSD 900..RTX2080tiの水冷化 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます