SSブログ

PCケース「Corsair Obsidian Series 500D RGB SE」 [水冷PC]

Corsair製PCケース「Corsair Obsidian Series 500D RGB SE」を購入しました。

IMG_4677.jpg
PCケースを新調しようとしていた今年の7月頃に丁度発売された製品です。

先行して販売されていた「Obsidian 500D」の全面パネルを強化ガラスに
変更したものです。

IMG_4315.jpg

加えてCorsair製の「Commander PRO」とLED搭載ファン「LL120 RGB」
が3個同梱されています。

総額的には、若干お買い得なのかも知れませんが、ケースのみを希望する
場合は無駄な投資になるので、選択の余地が欲しいですね。

IMG_4314.jpg

最近のPCケースで良く見られますが、ファンを直接ケースシャーシに固定
するのではなく、取り外し可能なサブフレームにファンを固定し、それを
本体シャーシへ固定する方式となってます。

標準では、ここに「LL120 RGB」が取り付けられてます。

IMG_4676.jpg

両サイドともスモークの強化ガラス製となっていて、本体後ろの蝶番で
扉開きできるようになっていて、マグネットで閉まるようになってます。

IMG_4311.jpg

電源ユニットは右側面からのアクセスとなっており、左側面のマザーボード側
からはフレームで区分けされてます。

IMG_4312.jpg

ここの箇所のフレームは取り外せるので、ここからケーブル等を広く引き回す
事も可能。

IMG_4319.jpg

マザーボードは、電源回りの冷却に水冷も対応しているASUS製の
「ROG MAXIMUS X FORMULA」を選択しました。

IMG_4320.jpg

マザーボード背面へのアクセスも、このくらいのスペースが確保されてます。

ケース前面には、120~360mm、ケース上面には、120~240mm、ケース背面
には120mmまでのラジエターの設置が可能となってます。
が、実際には使用するマザーボードやCPUクーラー、メモリ等によって、取り
付けが厳しい場合もあるかので注意。

例えば、私の場合では、背面に120mmのラジエターは、マザーボートと干渉
するためNGでした。※ファンはOKでした

また、ケース前面に6cm厚のラジエターなどは、設置が厳しくなるかと思います。

IMG_4661.jpg

「Commander PRO」は、3.5インチHDDの設置スペースに取り付ける事にしま
した。

マザーボードのファンコントロールでは、どう設定しても上手く水温と連携
できなかったため、すべての冷却ファンは「Commander PRO」で制御する
ことにしました。

IMG_4659.jpg

前面に360mmのラジエータをプッシュ/プルで計6個のファンを付けたため、
吸気スペースが狭くなってしまいました。
配線もケースの外側から引き回す必要がありますが、割と綺麗に収まりま
した。












ASUS Intel Z370搭載 マザーボード LGA1151対応 ROG MAXIMUS X FORMULA 【ATX】

ASUS Intel Z370搭載 マザーボード LGA1151対応 ROG MAXIMUS X FORMULA 【ATX】

  • 出版社/メーカー: Asustek
  • メディア: Personal Computers








CL-9011110-WW [Corsair Link用管理ツール Commander PRO]

CL-9011110-WW [Corsair Link用管理ツール Commander PRO]

  • 出版社/メーカー: CORSAIR
  • メディア: Personal Computers



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Intel Core i7-8086K ..Intel Optane SSD 900.. ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます