SSブログ

本格水冷PCへの道⑤ GPUの水冷化へ [水冷PC]

続いて、グラフィックボード(GPU)の水冷化に着手しました。

IMG_3281.jpg
KRAKENによる水冷化では、GPUの電源周りは空冷ファンを併用したものでしたが、EK製で発売されている水冷ボードは、GPU/電源双方とも水冷で冷却します。

CPU側を本格水冷化したので、GPUも統合し、1つの水冷システム化にしたくなりました。

そんな時、丁度GIGABYTEから、1080 tiの水冷対応ボードが発売されたため、こちらを使用してみました。

IMG_3274.jpg

ボード上のクーラントの流れは、このようになってます。

IMG_3275.jpg

水冷ボードの為、冷却ファンもヒートシンクも無く、ほぼ1スロット幅のスリムな形状です。
しかし、見た目に反して、重量は空冷ボード以上にあるんじゃないかと思うくらい重いです。

IMG_3278.jpg

GPUコア付近は中が見えるようにされてます。
CPU同様、細かなフィンが切られていて、冷却効率を高めています。

IMG_3279.jpg

裏面はこちらとなります。GPUコアの裏面からの排熱を高める目的で、銅製のヒートシンクが付いています。ボードに対して水平方向の空気の流れを作り、このヒートシンクに当てることで冷却を向上させる、との事。

隣のAORUSエンブレムは、ボード全体と合わせて光ります。

IMG_3281.jpg

面白いのは、PCケース内部側にもHDMIコネクタを有している事です。
こちらは、昨今のVRの流行に合わせて、ケース前面にHDMIポートに配線させるためのものです。

IMG_3282.jpg

既設の配管の間にこちらのボードを入れました。

IMG_3287.jpg

このように、本格水冷は配管の長さも自由に変えられるので、構成環境の変化にスムーズに合わせることができるのも魅力です。

また、フィッティングにクイックリリースを使用しているので、クーラントを抜かずに配管し直せるのもポイントです。

IMG_3288.jpg

IMG_3289.jpg

IMG_3290.jpg

ラジエータはそのままで、GPUの発熱も処理できるかが心配でしたが、問題なかったです。
GPUからの発熱の方が大きいのですが、CPUの発熱が大した事がないため、このラジエターサイズでも処理できています。

ラジエターをPCケース外に設置しているので、ケース内設置よりも排熱処理が有利なこともあるかと思います。

FFXIV紅蓮のリベレーターでの実績では、CPU温度が50~60度、GPU温度が40~50度くらいの推移で収まってます。

CPUのみの冷却では、水温は35度もいかないですが、GPU冷却が加わると、一気に42度台まで上がります。やはり、GPUの排熱の方が大きいのが分かります。

しかし、空冷ではGPU温度は80度位まで上がるケースが多いので、GPU冷却はKRAKENの様な簡易水冷でも50度位までに抑えらえるので、GPU水冷化は非常に有効であるというのが個人的な感想ですね。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます